筑邦銀が新中計、DCプラン導入先3.5倍の1950件へ

2024.03.27 19:03
経営計画・戦略
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

筑邦銀行は3月27日、新中期経営計画(2024~26年度)を発表した。「既存ビジネスの深化」など3項目を重点課題に掲げ、顧客満足度の向上や地域の課題解決に取り組む。


基本方針は「お客さま支援ビジネスの多様化」とし、①既存ビジネスの深化②新たなビジネスの確立③強じんな経営基盤の構築―を推進する。


新ビジネスの確立では、他金融機関との提携を進めている「誰でもDCプラン」の拡大に注力。現在約550件の導入先を中計最終年度には1950件まで増やす。またSBIグループなどと推進している電子地域商品券「まちのわ」の関連収益も、23年度の約5000万円から1億8000万円まで引き上げる。


連結当期純利益は、23年度見込みの約8億円に対し、26年度に15億円以上を目指す。

すべての記事は有料会員で!
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

銀行・信金、6割が来春初任給引き上げ 「大卒26万円」目安に
初任給引き上げの前倒し実施がサプライズ発表された福岡銀の入行式。前列中央は五島久頭取(4月1日)
筑邦銀福岡営業部、課題解決で企業型DC推進 73先の導入をサポート
保全工業の採用担当の大野可南子さん(左)と赤木拓司社長(左から2人目)から誰でもDCプランの導入効果を聞く成松部長代理(3月11日、保全工業)
役員人事 筑邦銀行(2024年4月1日)
人事異動 筑邦銀行(2024年4月1日)

関連キーワード

経営計画・戦略

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)