【脚光】鹿児島銀行頭取に就任する郡山明久氏 地域の未来にコミット

2024.03.27 04:35
インタビュー 脚光 経営計画・戦略
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
郡山明久氏
郡山明久氏
体調が万全でない松山澄寛頭取を副頭取としてサポートしてきたが、「バランス感覚に優れている」と評価され4月から後任に就く。抱負は「地銀であることに徹底的にこだわる」。地銀の役割は「地域の未来へのコミットメント」として、農地を耕すように地域とじっくり向き合い、中長期的な成長を目指す方針だ。
経済が好調に推移する時代には「行内の人材育成が大事...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

地域銀の25年卒採用、Uターン生確保へ「攻め」 出張面談やスカウトで
銀行・信金、6割が来春初任給引き上げ 「大卒26万円」目安に
初任給引き上げの前倒し実施がサプライズ発表された福岡銀の入行式。前列中央は五島久頭取(4月1日)
鹿児島銀、年240件の事業承継相談 専門組織新設し支援強化
鹿児島銀・県信連など、アミノ酸で畜産GX 味の素と連携協定締結
締結式に参加した鹿児島銀の竹之下浩美常務(後列左)、鹿児島県信農連の中禮誠常務(同左から2人目)と、塩田知事(前列左から3人目、4月22日、鹿児島県庁)

関連キーワード

インタビュー 脚光 経営計画・戦略

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)