日銀仙台支店、「持ち直し幅緩やか」 景気判断を引き下げ

2024.03.25 18:18
景気
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
東北地区の経済の動きについて説明する岡山支店長(3月25日、日銀仙台)
東北地区の経済の動きについて説明する岡山支店長(3月25日、日銀仙台)

日本銀行仙台支店は3月25日、東北地区の経済の動きを発表した。東北地区の景気は「緩やかに持ち直している」とし、2023年2月以来1年1カ月ぶりに判断を引き下げた。


需要項目別動向で、個人消費は「緩やかに回復している」とし、「回復している」から下方修正した。自動車メーカーの生産停止や、暖冬により季節商材の消費が伸び悩んだことが影響した。一方、一時的な動きであるとの見方も示し、これらの要因が剥落すれば景気が立ち直る可能性は高いという。


公共投資は「横ばい圏内の動きとなっている」、設備投資は「増加している」、住宅投資は、堅調だった貸家も含め「弱い動きとなっている」とし判断を据え置いた。


また、雇用・所得環境は「改善している」、消費者物価(除く生鮮食品)は「食料品などの価格上昇により、前年を上回っている」と判断を据え置き。名目賃金はほぼ横ばいながらも伸び率を高め、物価上昇も賃金の増加により上昇幅は減少しているとした。


岡山和裕支店長は、「賃上げは大企業だけでなく、中小企業にも波及している。また、サービス価格を中心に足元は堅調で、一部に価格転嫁の動きが進んでいる」と判断している。今後については、「個人消費の回復の勢いと、企業の積極的な設備投資スタンスについて注視していく」とした。

すべての記事は有料会員で!
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

日銀仙台支店、暖冬などで1年ぶりDI悪化 東北地区の3月短観
東北6県の3月短観を説明する岡山支店長(4月1日、日銀仙台支店)
日銀調査、地域金融機関のオフィス賃貸業向け融資が増加 市況変化受けやすく
日銀、マイナス金利政策解除 利上げ17年ぶり YCCも撤廃
マイナス金利解除で円安進行、150円台 日経平均は4万円回復 

関連キーワード

景気

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)