常陽銀、運動場に太陽光発電所 東電と連携しエネ地産地消 

2024.03.22 19:01
脱炭素
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
取り交わした契約書を手にする(左から)東電HDの吉田理事、常陽銀の小野取締役、東京PTの森尻常務取締役(3月22日、常陽銀本店)
取り交わした契約書を手にする(左から)東電HDの吉田理事、常陽銀の小野取締役、東京PTの森尻常務取締役(3月22日、常陽銀本店)
常陽銀行は、自行の運動場に太陽光発電所を建設し、2026年度にも、本社や地元・茨城県内に保有する建物などへの電力供給を始める。協定を結ぶ東京電力ホールディングス(HD、東京都)などとの共同プロジェクト。水力発電に由来する再生可能エネルギーを調達し、営業店で活用するプロジェクトも始め、エネルギーの地産地消を通じて、温室効果ガス実質排出ゼロの...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

足利銀・常陽銀、2年連続で初任給引上 転居あり大卒で3万円
常陽銀・足利銀
羽ばたく新人へ私の仕事秘話(1) 「話し合える関係」が支え 常陽銀融資審査部統括グループ係長 男庭慧美 さん
フリーアドレスの区画で2画面を操る男庭さん(3月22日、本店)
常陽銀、新人が森づくりに貢献 112人で苗木300本植える
秋野頭取(右端)と協働で苗木を植える新入行員たち(4月4日、茨城県那珂市)
人事異動 常陽銀行(2024年4月1日)

関連キーワード

脱炭素

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)