自民党、郵政民営化見直し着地点さぐる 議連こだわる「上乗せ規制」撤廃

2024.03.18 04:50
法令・制度 全銀協 自民党
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
自民党の内部で、郵政民営化の見直しをめぐる議論の着地点を探る動きが出てきた。金融に精通する一部の議員が金融界との全面的な対立になる事態の回避を必要視しており、党内で水面下の話し合いが活発化しつつある。先行きは不透明だが、政治判断で民営化法を改正する方針が明確になれば、ゆうちょ銀行に設定される預入限度額など議員連盟がこだわる「上乗せ規制」の...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

日本郵政、純利益37%減の2686億円 ゆうちょ銀の株式売却響く 25年3月期は4%増益
アフラック、日本郵政Gの持分法対象に 議決権20%で
かんぽ生命、大和証券G傘下に出資 資産運用で協業
会見に出席した(左から)増田日本郵政社長、谷垣かんぽ生命社長、小松大和アセット社長、荻野大和証券グループ本社社長(5月15日、大手町プレイス)
ゆうちょ銀が無料化、窓口での投信購入手数料 2回目以降はデジタル誘導

関連キーワード

法令・制度 全銀協 自民党

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)