栃木銀、ビジネスプランコンテスト 5組が最終審査でプレゼン

2024.02.21 19:05
イベント 起業・創業支援 販路拡大支援
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
タクシードライバーとデイサービスの送迎車を結び付けて、社会課題を解決する事業をプレゼンする最優秀賞の北嶋氏(2月21日、ライトキューブ宇都宮)
タクシードライバーとデイサービスの送迎車を結び付けて、社会課題を解決する事業をプレゼンする最優秀賞の北嶋氏(2月21日、ライトキューブ宇都宮)

栃木銀行は2月21日、創業者の事業化・販路支援を目的にしたビジネスプランコンテストの最終審査会をライトキューブ宇都宮で開いた。コロナ禍以降4年ぶりのリアル開催となった。応募総数40組から3次審査を通過した5組のファイナリストが6人の審査員の前で最終プレゼンテーションに臨んだ。


最初にSympalの合田圭佑代表取締役が機能性フレッシュドッグフード「MEDIFRESH」を紹介。おいしく、健康的なごはんの提供で犬の健康寿命を延ばす取り組みを紹介した。ソーシャルムーバーの北嶋史誉代表取締役はタクシードライバーの減少とデイサービスの送迎車をライドシェアするサービスで社会課題を解決する事業をプレゼンした。


デーリィーファーム富士山の髙橋雄幸代表取締役は生乳生産全国2位の栃木県で地域資源を活用したチーズ造りに挑む姿を紹介。tomokimonoの阿部智子CEOはタンスの肥やしと化した着物をアートなど魅力的な商品にアップサイクルする事業を発表した。LEANの立道友緯代表取締役はLINEでスポーツ選手が体調を入力することで監督などと体調を共有しケガを防ぐサービスをプレゼンした。


最優秀賞にソーシャルムーバー、優秀賞にLEAN、特別賞にSympalが選ばれた。黒本淳之介頭取は「活躍が期待される起業家のビジネスプランを社会実装しスケールアップしていくことが重要」とコンテストの意義を話した。

すべての記事は有料会員で!
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

サーブラボ、会員行のDX支援に幅 業界底上げや先進行を後押し 賛助会員制度を本格化
栃木銀、本店建て替えへ ZEB認証の取得も
外貨建て保険業績評価 地域銀、半数「見直し」 金融庁の指摘が影響
人事異動 栃木銀行(2023年11月20日)

関連キーワード

イベント 起業・創業支援 販路拡大支援

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)