飯能信金など、川越でサツマイモの祭典 3日間で3万人来場

2024.02.13 10:38
イベント 社会・地域貢献
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
飯能信金は城西大学とブースを共同出展。三田支店長(右)は商品販売をサポートした(2月10日、蓮馨寺)
飯能信金は城西大学とブースを共同出展。三田支店長(右)は商品販売をサポートした(2月10日、蓮馨寺)
飯能信用金庫(埼玉県、松下寿夫理事長)やJTB川越支店などで組織するコエド芋パーク実行委員会は2月10~12日、サツマイモの祭典「コエド芋パーク」を川越で開催した。地元名産のサツマイモの食文化や歴史を広めることを目的に昨年に初開催。2回目の今回は、開催期間を1日増やし3日間とし、県内外から36店のサツマイモ専門店が出店。約3万人が来場した...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

飯能信金、親子駅伝大会を開催 駿河台大学生のアイデア実現
親子でタスキをつないだミニ駅伝大会(10月21日、同大陸上競技場)
役員人事 飯能信金(6月22日)
埼玉県信金や飯能信金など、川越市と初の対話集会 若手職員が振興策提案
振興策案を市職員に提案する若手職員(右、7月10日、埼玉県信用金庫川越支店)
飯能信金、大学と連携し地元商店PR 学生制作のチラシ活用
焼き芋専門店「小江戸焼き芋はち」などを展開する08の本橋社長(右)に取材する東京国際大学の学生ら(6月14日、埼玉県川越市)

関連キーワード

イベント 社会・地域貢献

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)