百五銀、脱炭素へ地元3市と連携 支援サービス申し込み217社

2024.02.08 18:47
提携・連携 脱炭素
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
連携協定を締結した鳥羽市の中村欣一郎市長(左)と百五銀の杉浦雅和頭取(2月8日、鳥羽市役所)
連携協定を締結した鳥羽市の中村欣一郎市長(左)と百五銀の杉浦雅和頭取(2月8日、鳥羽市役所)

百五銀行は、地域と共に脱炭素社会の実現に取り組んでいる。三重県内の自治体との連携を進め、銀行単体ではなく面で広げる構えだ。


同行の脱炭素支援は2022年度に開始。提携企業などに紹介する「温室効果ガス(GHG)排出量算定支援」は、24年1月末時点で延べ154社が採用。排出量の削減シミュレーションや宣言書の策定、対外的なPRを支援する「百五脱炭素支援サービス」は、24年1月末時点で延べ217社の申し込みがあった。23年3月末比でそれぞれ44%、76%増加した。


これら実績の背景にはニーズ喚起への取り組みがある。個別企業に提案するだけでなく、地方自治体と連携協定を結び、企業向けセミナーや勉強会を開催。特に22年12月に締結した伊勢市とは、脱炭素化支援補助金の創設に発展した。同行の排出量算定支援の費用が補助対象となり、実績につながっている。


2月8日には、50年までのゼロカーボンを目指す鳥羽市と「カーボンニュートラルの推進に関する連携協定」を結んだ。自治体との連携は3例目。他市と同様に脱炭素の普及活動に取り組む方針で、杉浦雅和頭取は同日の締結式で「脱炭素経営の促進がさらに力強くできる」と話した。同行は、今後もゼロカーボンを目指す自治体との連携を進めていく考えだ。

すべての記事は有料会員で!
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

百五銀、PIF評価書を映像で PR効果高く商品化検討
映像版のPIF評価書では、社長自身が事業を説明するシーンを取り入れた(同行提供)
百五銀、データ利活用人材育成 トレーニーの成果を横展開
トレーニー参加者が役員に分析結果をプレゼンした(1月25日、本部、百五銀提供)
三重県内金融機関、事業再生支援で成果 活性化協とDDS実行
三重県内金融機関が経営支援事例を共有した信保協の研究会(23年10月17日、三重県教育文化会館)
百五銀、スマホアプリ外販 BIPROGYと協業
BIPROGY(左とオンライン)と打ち合わせする百五銀決済・スマホバンキング課(23年12月18日、本部、百五銀提供)

関連キーワード

提携・連携 脱炭素

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)