鹿児島信金、人事考課制度を改定  意欲に報いる体系に

2024.02.08 04:30
人事制度
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
鹿児島信用金庫(鹿児島県、市川博海理事長)は、2023年10月から試験的に始めた新人事考課制度で、職員のエンゲージメント向上を目指している。目標や評価基準を分かりやすくし、職員の成果や意欲に報いる体系にした。制度の改定は14年ぶりで、24年上期の賞与から本格的に反映する。
従来は、人事考課は年1回のみ行い、主に昇給・昇格の判断に活用して...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

鹿児島信金の男性職員 窃盗容疑で逮捕 35万円を不正出金
鹿児島信金、高卒総合職を採用へ 県内銀行超える初任給
鹿児島市内の金融機関、「おはら祭」に参加 行職員が踊り披露
人事異動 鹿児島信用金庫(2023年11月1日)

関連キーワード

人事制度

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)