信金、取引先のベトナム進出活発 10年間で現地拠点3倍

2024.02.09 04:40
海外戦略 海外取引支援 取引先支援
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
信用金庫と取引のある中小企業で、商機拡大に向けてベトナムに進出する動きが活発だ。10年前と比較して同国に拠点を置く信金取引先は約3倍になっており、「コロナ禍(の間)や、それ以降も堅調に増加している」(信金中央金庫海外業務推進部)という。こうした状況を踏まえ、信金中金は3月1日に現地で開く「第5回ベトナム信金会」で、初めて信金役職員を参加対...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

信金中金、データ活用力強化へ 組織や研修体制整備
しんきんイノベーションハブの近藤さんは信金業界のビッグデータ分析業務を担う(3月22日、信金中金京橋別館)
九州北部地区信金、「しんきんコネクト」利用拡大 信金中金と連携で周知活動
初開催した「しんきん事業者セミナー」では、経営者にしんきんコネクトなどの活用方法を伝授した(信金中金福岡支店提供)
信金の2023年度末預貸金速報 貸出金残高は過去最高
セルズ利用、全信金に eラーニングで人材育成
累計だけでなく単年度のポイントも表示し、業績に反映させやすくした

関連キーワード

海外戦略 海外取引支援 取引先支援

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)