蒲郡信金、「機微情報マスキング」作成 本人確認の取得不備防止へ

2024.02.05 04:40
コンプラ
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
本人確認書類16種類に対応の11シートを作成した(蒲郡信金提供)
本人確認書類16種類に対応の11シートを作成した(蒲郡信金提供)
蒲郡信用金庫(愛知県、竹田知史理事長)は、本人確認書類をコピーする際の「機微(センシティブ)情報マスキングシート」を作成。本人確認書類は全36種類に上り、それぞれに取得禁止事項がある。不備防止などを目的に、本人確認書類を挟むだけで必要箇所をマスキングできるシートを本格活用する。
本人確認書類は種類が多い一方、それぞれに取得禁止事項がある...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

信金、経産省のDX認定広がる  内外に取り組みPR
蒲郡信金、社歌コンテスト入賞 全国応募120社から選出
社歌コンテスト決勝戦でプレゼンした(1月24日、東京都内で、同信金提供)
東三河地区金融機関、“業種別支援”強化へ団結 地域特性考慮した知見共有
各金融機関の若手渉外が集まり、グループワークでケーススタディーなども行った(1月18日、愛知県信保協東三河支店)
蒲郡信金、職員に承継意識調査 愛知大が分析、支援力強化

関連キーワード

コンプラ

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)