きのくに信金、事業承継支援に本腰 支援業者と連携し提案

2024.02.01 16:49
提携・連携 事業承継支援
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
きのくに信用金庫(和歌山県、田谷節朗理事長)は、事業承継支援に本腰を入れ始めた。中小零細事業者の第三者承継を支援する「バトンズ」(東京)と提携し、2023年12月から取引先に対策を提案している。
 これまで毎年、60歳以上の取引事業者にアンケートを実施し、後継者不在率が約7割と高いことを課題視していた。小規模事業者に対する第三者承継の支...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

きのくに信金、本業支援の評価「量より質を」 支店長から意見募る
評価制度について意見交換する支店長ら(2月7日、岩出支店、きのくに信金提供)
和歌山県内2信金、11信金の旅行担当者招く 宇宙施設など観光PR
ロケット模型を見学する参加者(2月10日、宇宙ふれあいホールSora-Miru)
きのくに信金、和大生が企業に提案 アイデア使用契約締結
きのくに信金の取引先への提案を発表する学生(2月8日、和歌山大)
きのくに信金、「未来の事業」を考える 実用案は学生と有料契約
学生から質問をうける事業者の山一製材(12月7日、和歌山大学で)

関連キーワード

提携・連携 事業承継支援

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)