北陸銀と北国FHD子会社、既存ファンドの対象広げ復興支援

2024.01.31 18:36
防災・復興 ファンド・出資
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
北陸銀行と北国フィナンシャルホールディングス(FHD)の投資子会社QRインベストメントは1月31日、それぞれが日本政策投資銀行(DBJ)と立ち上げたファンドの投融資対象を、能登半島地震の早期復旧・復興に取り組む企業に広げると発表した。
北陸銀が対象を広げたのは「ほくほく応援ファンド」。同ファンドは、地域創生を後押しする企業を対象に事業の...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

北国FHD、ケニアで現地企業に初融資 コンサル現法も開業へ
バイタルレイの高度画像センター内のCTスキャン室(ケニア国内、北国FHD提供)
地銀、来春新卒選考で〝脱・定番化〟 横浜は特別枠、南都「友人紹介」
人事異動 北陸銀行(2024年4月1日)
中企庁、能登地震被災企業へ相談センター 二重債務防ぎ再建を支援
開所式であいさつする須藤長官(4月2日、七尾商工会議所)

関連キーワード

防災・復興 ファンド・出資

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)