川崎信金、「香辛子」を川崎名物に 大学・市と事業者つなぐ

2024.01.30 04:30
提携・連携 事業者支援
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
香がらしろっぷのソーダ割りを勧める杉田さん(1月29日、川崎市)
香がらしろっぷのソーダ割りを勧める杉田さん(1月29日、川崎市)
川崎信用金庫(川崎市、堤和也理事長)は、川崎市発の野菜「香辛子(こうがらし)」の新商品開発を後押ししている。飲食店などを経営する美遊JAPANと、明治大学や川崎市をつなぎ「香がらしろっぷ」を展開。1月29日には同社と大学生、信金職員が市内で店頭販売を実施した。
美遊JAPANの岩篤志社長は、農家が香辛子を作っても廃棄が多いことを懸念して...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

役員人事 川崎信用金庫(2024年6月24日)
川崎信金、幼稚園に塗り絵とクレヨン アイドルが手渡しダンスも
塗り絵を受け取る園児(右、6月28日、洗足学園大学附属幼稚園)
【本紙調査】首都圏信金、広がる中途採用 前職の経験生かし活躍
城西大学の学生に自身の経験を踏まえてアドバイスする元高校教諭で飯能信金の宮島主任(右、6月13日、城西大坂戸キャンパス)
神奈川県内8信金、横浜で合同商談会 5年ぶりに対面形式
商談会の様子(6月5日、大さん橋ホール)

関連キーワード

提携・連携 事業者支援

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)