日本郵便東北支社、駅と一体営業を開始 インフラ維持に貢献

2024.01.24 12:53
地方創生 CS
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
駅舎内に同居するJR窓口と郵便窓口(1月24日、作並駅)
駅舎内に同居するJR窓口と郵便窓口(1月24日、作並駅)
日本郵便東北支社は1月24日、JR仙山線作並駅で郵便局窓口と駅窓口業務の一体営業を開始した。同社と東日本旅客鉄道が締結する連携協定に基づくもので、無人駅だった駅舎内に簡易郵便局を設置。地域インフラを維持し、住民や利用客の利便性向上を図る。
作並郵便局は2023年7月、施設の老朽化により閉局。一方、地域住民から業務継続を望む声が多かったこ...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

日本郵政4~9月期決算 純利益41%減 ゆうちょ株の持ち分比率低下で
日本郵政決算
小樽郵便局、元契約社員が18万円横領
三井住友カード、日本郵便へ決済端末提供 2万局に設置
日本郵便、郵便局で不要な衣服回収 環境意識高い若年層と接点拡大
郵便局内に設置された回収ステーション「PASSTO」に衣類を入れる利用者(4月20日、渋谷郵便局)

関連キーワード

地方創生 CS

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)