山梨中央銀、JICA事業採択を支援 海外進出の地元企業2社

2024.01.24 10:45
SDGs 事業者支援
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
山梨中央銀行は1月23日、国際協力機構(JICA)による海外ビジネス支援事業に、地元企業2社が採択されたと発表した。申請をサポートしてきた同行は進出先での調査などを通じ、2社が設立した現地法人の収益化や収益増加を目指す。
採択されたのは食品メーカー・シャトレーゼ(山梨県甲府市)とインクカートリッジなどの製造・販売を展開するジット(同・南...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

山梨中央銀、投資助言業務始める 27年ぶり新会社
新会社の社長に就いた関会長(左)と、古屋頭取(3月1日、山梨県甲府市)
人事異動 山梨中央銀行(2024年2月19日)
山梨中央銀、フリーと業務提携 法改正への対応支援
会見する(左から)フリー金融アライアンス事業部の鷲見大地副部長、山梨中央銀の古屋頭取、内藤哲也・常務取締役(2月22日、山梨県甲府市)
山梨中央銀、自治体コンサルで成果 受託料1億円超え
地元住民らが韮崎市の魅力などについて意見を交換した(1月30日、韮崎市)

関連キーワード

SDGs 事業者支援

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)