西京銀、「聴く姿勢」が改善生む 頭取が400人と対話

2024.01.26 19:23
ES 人事制度 働き方改革
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
「当行で働いて良かったといわれるように」(水永忠伸・取締役人財サポート部長)――。西京銀行は、人事制度の改善を進めている。打ち出された施策の多くは、行員の悩みに耳を傾ける姿勢から生まれた。「何かあったらすぐに相談の連絡がくる」(同部)関係が築けている。
2023年4月、営業店の事務職を担ってきた地域限定総合職を総合職に一本化した折は、こ...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

西京銀、周南公立大と連携協定 留学生を取引先に紹介
連携協定を結んだ松岡頭取(右)と高田学長(7月5日、西京銀本店)
役員人事 西京銀行(2024年6月27日)
西京銀、脱炭素利子補給事業に参画 24年度対象融資1億円超へ
人事異動 西京銀行(2024年4月1日)

関連キーワード

ES 人事制度 働き方改革

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)