みずほFG、出資・買収でオルタナ強化 運用資産残高150兆円へ

2024.01.18 00:01
有価証券運用 ファンド・出資
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
佐藤執行役は「海外の運用会社で残高が1兆ドルを超えているのは20社ほど。“ワントリリオンクラブ”の仲間入りは一つの目標」と話す(1月11日、大手町本社)
佐藤執行役は「海外の運用会社で残高が1兆ドルを超えているのは20社ほど。“ワントリリオンクラブ”の仲間入りは一つの目標」と話す(1月11日、大手町本社)
みずほフィナンシャルグループ(FG)は、海外運用会社への出資などを通じて機関投資家や富裕層のニーズが高いオルタナティブ(株や債券を代替する資産)の運用力を強化する。10年以内にオルタナティブの残高を約4兆円から約20兆円に増やす方針。貯蓄から投資への機運が高まるなか、全体の運用資産残高も現在の約2倍にあたる1兆ドル(約150兆円)にしたい...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

みずほFG、ロンバー・オディエと提携拡大 サステナ投資のノウハウ吸収
金融界の24年株主総会、企業価値向上へ提案活発 PBR改善施策問われる
3メガバンクG、半年で国債11兆円減 金利上昇へ耐性強める
みずほFG、震災復興へ食べて応援 食堂で北陸メニュー提供
北陸の食材を味わう行員と石井支店長(5月31日、丸の内本部)

関連キーワード

有価証券運用 ファンド・出資

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)