鹿児島銀、障がい者雇用が増加 ハローワークで会社説明

2024.01.21 04:35
提携・連携 人事制度 採用
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
定期的な面談を行う西丸さん(中央、鹿児島銀提供)
定期的な面談を行う西丸さん(中央、鹿児島銀提供)
鹿児島銀行は障がい者の採用に向けた会社説明会をハローワークで開催するなど、障がい者雇用の強化に取り組んでいる。2023年度は12月までに14人を新たに採用し、障害者手帳を持つ職員数は47人となった。
同行の障害者雇用率は22年度の年平均が1.7%だったが、23年度は2.04%へと上昇する見込み。24年4月から法定基準は年平均2.5%とな...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

銀行・信金、6割が来春初任給引き上げ 「大卒26万円」目安に
初任給引き上げの前倒し実施がサプライズ発表された福岡銀の入行式。前列中央は五島久頭取(4月1日)
鹿児島銀、年240件の事業承継相談 専門組織新設し支援強化
鹿児島銀・県信連など、アミノ酸で畜産GX 味の素と連携協定締結
締結式に参加した鹿児島銀の竹之下浩美常務(後列左)、鹿児島県信農連の中禮誠常務(同左から2人目)と、塩田知事(前列左から3人目、4月22日、鹿児島県庁)
鹿児島銀、新3カ年中計始動 純利益180億円目指す

関連キーワード

提携・連携 人事制度 採用

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)