沼津信金徳倉支店、地公体と連携し企業開拓 短期目標で意欲向上

2024.01.15 04:35
補助金活用 事業再構築支援 営業・店頭体制
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
三杉精工の平野社長(右)から製造部品について話を聞く村松佑介係長(中央、2023年12月12日、三杉精工)
三杉精工の平野社長(右)から製造部品について話を聞く村松佑介係長(中央、2023年12月12日、三杉精工)
沼津信用金庫徳倉支店(池田和彦支店長=職員9人うち渉外3人。契約社員1人)は、地元企業との接点づくりを展開。地元商工会や地方公共団体などと深耕を深め、経営改善や助成金申請を柱にした本業支援で連携している。エリア内でのマッチングや補助金申請など、ニーズをくみ取りサポート。新規先への融資増強を目指す。
主な営業エリアの清水町は三島市と沼津市...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

沼津信金の長田さん、小山町活性化へ奮闘 企業誘致と地元雇用で貢献
進出企業のENボード籠谷陽介取締役(左)から現況を聞く長田専門官(小山町)
人事異動 沼津信用金庫(2024年4月1日)
沼津信金、役席者の制度活用増加 〝配置換え〟で業務学ぶ
富士岡支店の風間凌主任(左)からレクチャーを受ける上町支店の宮口笑弥さん (23年12月7日)
沼津信金、新現役交流会開く 対面とウェブで31面談
自社の課題を話す取引先企業社員(左から3人目、2月1日、沼津トラストビル)

関連キーワード

補助金活用 事業再構築支援 営業・店頭体制

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)