福岡信金、4年ぶり餅つき大会 内定者や大学生も参加

2023.12.11 09:20
イベント 社会・地域貢献
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
餅をつく(左から)野見山幸弘常務理事と安部理事長(12月9日、本店前)
餅をつく野見山幸弘常務理事(左)と安部理事長(12月9日、本店前)
福岡信用金庫(福岡市、安部文仁理事長)は12月9日、本店前で街頭募金活動と餅つき大会を開催した。新型コロナウイルスの影響を受けて4年ぶりに実施。役職員など約50人が参加した。
本店前にテントを張り、杵と臼を用意して役職員のほか地域の子供たちなども餅をついた。通りかかりの海外の観光客は、日本独自の文化を目の当たりにして写真撮影をするなど会...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

福岡信金、100周年ロゴ制作開始 九産大生からアイデア募る
経営理念や周年への思いを説明する100周年記念のプロジェクトメンバー(4月15日、九州産業大学17号館)
福岡信金、地元芸術家のロビー展開催 猿面やひな人形を展示
カラフルな猿面を見る来店客ら(4月5日、福岡信金七隈支店)
九州北部信金協、成果報告会を開催 開放特許のマッチングで
挨拶する篠原専務(3月11日、福岡信金本店)
福岡信金、中小企業家同友会と勉強会 相互理解深め連携強化
グループワークで理解を深める参加者(2月8日、本店)

関連キーワード

イベント 社会・地域貢献

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)