政府・与党、税制改正へ大詰め 海外支店の減税は見送り

2023.12.11 04:50
法令・制度 金融庁 自民党
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
税制改正要望の実現を求め、業界団体関係者らが自民党税調に集まり議員に主張を訴えた(12月8日、党本部)
政府・与党の2024年度税制改正に向けた検討が大詰めを迎えている。金融庁は子育て世帯による生命保険料控除の拡大や、暗号資産に対する課税制度の見直しが認められる見通し。金融機関の外貨調達にかかる税負担の軽減も実現しそうだ。一方、銀行が東南アジア地域などに出す支店への減税は、2年連続で見送られる。
自民・公明両党による政府との検討作業は終盤...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

政府、ウェルビーイングの柱に金融 教育推進や持ち株制度普及
金融庁・日銀、3メガの気候リスクを分析 30年までの信用コストが対象
金融庁、「商品リスク管理」徹底促す 提供後 想定外も発生
警察と金融機関、詐欺検挙へATM照会 振り込み防止へ対象拡大

関連キーワード

法令・制度 金融庁 自民党

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)