北洋銀、水産加工品を無償配布 新千歳空港で旅行客に

2023.12.05 18:14
地方創生 事業再生支援
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
法被姿で水産加工品をアピールする北洋銀と協賛・協力機関の役員ら(12月5日、新千歳空港)
法被姿で水産加工品をアピールする北洋銀と協賛・協力機関の役員ら(12月5日、新千歳空港)

中国による禁輸措置で影響を受ける北海道産水産品の消費拡大につなげようと、北洋銀行は12月5~7日、新千歳空港の国内線ターミナルに特設ブースを設け、道産のホタテやサーモンを使った水産加工品を旅行客らに無償配布している。


空港を運営する北海道エアポートとの共催で、北海道信用金庫協会や水産関係の取引先が多い道内9信金(北海道、苫小牧、日高、渡島、旭川、留萌、大地みらい、北見、遠軽)も協力。配布品は北洋銀が購入し、ホタテの貝柱やサーモンソーセージなど4種類、計2200個を3日間かけて配る。



空港を訪れた客(右)に、道産の水産加工品を手渡す安田頭取(12月5日、新千歳空港)
空港を訪れた客(右)に、道産の水産加工品を手渡す安田頭取(左、12月5日、新千歳空港)

5日の初日には、同行の安田光春頭取のほか、原田直彦・北海道信金協副会長(旭川信金会長)、小林一夫・苫小牧信金理事長、中村康存・留萌信金理事長など協賛・協力機関のトップや役員らが法被姿で繰り出し、手にしたカゴから贈呈品を取り出して家族連れらに手渡した。安田頭取は「来道者に道産水産品の安全・安心を強く訴えていきたい」と話した。


道産のホタテなど「甲殻類・軟体動物」の輸出額は、2022年(617億円)には中国向けが約71%を占めていたが、23年8月24日の中国の禁輸措置により、9月単月輸出はゼロとなった。


配布ブースでは、同行が10月に開設した道産食品のEC(電子商取引)モールcollesho(コレショ)やふるさと納税の水産品特集のウェブページにつながる二次元コードを掲示し、購入を喚起する。

すべての記事は有料会員で!
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

人事異動 留萌信用金庫(2024年4月1日)
【脚光】北洋銀行頭取に就任する津山博恒氏 お客さまに喜んでもらう
津山博恒氏
再生への道(上) 同業種でも業況二極化 個社別支援が重要に
急速に回復したインバウンド需要を取り込めない事業者も(写真は観光客で賑わう小樽運河、1月18日)
北海道信金、小樽運河沿いに雪のオブジェ 祭典「雪あかりの路」盛り上げ
オブジェの補修やろうそくの点灯作業をする職員(手前と中央、黄色のベスト着用)。奥側のオブジェでは、観光客がハートの中に入って記念撮影を楽しんでいた(2月13日、北海道小樽市)

関連キーワード

地方創生 事業再生支援

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)