マーケット・トレンド(債券) 日本の10年債利回りは1%に届かず、低下傾向

2023.12.06 04:25
債券市場
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

一時5.0%まで上昇した米国10年債利回りだったが、ついに4.25%を割り込んだ。


物価の伸びが徐々に鈍化し始めたことが金利ピークアウトのきっかけとなったのだが、FOMC(米連邦公開市場委員会)の多くのメンバーが利下げに言及し始めたことの影響が大きい。


インフレの沈静化が利下げの条件とはされているが、実際、雇用やインフレの伸びが鈍化しているだけに、利下げ期待が高まりやすいのも事実。


11月の米雇用統計の結果次第で4.0%を試すこともありそうだが、一方、米国10年債利回りの低下に併せて日本の10年債利回りも大きく低下した。


日本銀行が10年債利回りの上限について「1%を目途」と決定した後、その1%をつけることなく、0.6%台まで低下した。


結局、7月と10月の長短金利操作(イールドカーブ・コントロール、YCC)修正は、米国長期金利上昇に伴う期待インフレ(円安による輸入インフレへの思惑)上昇に備えたバッファー作りであったと振り返られ、つまり米国長期金利が下がれば日本の10年債利回りも下がりやすいと言える。


独自の政策修正期待も高まり難いなか、日本の10年債利回りは低位で推移しよう。


SMBC日興証券金融経済調査部 チーフ為替・外債ストラテジスト 野地 慎氏

すべての記事は有料会員で!
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

SMBC日興証券、「NBA」の申し込み倍増 仕組み商品のリスク管理で
SMBC日興証券、ウェブ動画を公開 3500万回再生の第2弾
特設サイトでは、「イチロー先生」による授業の動画や写真を公開
ラップ市場、対面と非対面で拡大続く 大和・日興証券が首位争い
SMBC日興証券、パラオ財務大臣の視察受け入れ
視察に訪れたウドゥイ財務大臣(右、3月29日、同証券本店)

関連キーワード

債券市場

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)