武蔵野銀、農業PJから新商品が誕生 肉汁うどん・おこげせんべい

2023.12.02 04:40
地方創生 アグリ 事業者支援
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
肉汁うどんを試食する長堀頭取(12月1日、武蔵野銀本店)
肉汁うどんを試食する長堀頭取(12月1日、武蔵野銀本店)
武蔵野銀行がさいたま市内で手掛ける農業プロジェクト(PJ)で収穫された小麦や米を使った「うどん」と「せんべい」が完成し、12月1日、同行本店で商品として披露された。PJでは、地域農業の6次産業化や課題解決の支援力向上を目指しており、地元農家や事業者、行政や研究機関などと連携で、栽培から加工、販売までのサイクルを創出した。
埼玉県内の製麵...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

外貨保険の販売体制、地域銀の3割が見直し 比較推奨などルール化
武蔵野銀の地域商社、有料会員5000人に拡大 購入型クラファン、70件・3300万円
「むさしの未来パートナーズ」のオフィス(1月22日、さいたま市)
武蔵野銀、二十歳を機に新たな誓い 「行内成人式」で11人祝福
長堀頭取(左)を前に謝辞を述べる行員(右、1月9日、サクラスカイパレス大宮)
武蔵野銀、 新年祝賀式を開催
役職員など全員が起立し、4年ぶりに行歌を斉唱した(1月4日、武蔵野銀本店)

関連キーワード

地方創生 アグリ 事業者支援

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)