ヒラソル・エナジー、再エネの〝地産地消〟支援 常陽銀や八十二銀などと

2023.12.04 13:51
提携・連携 脱炭素 コンサル
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
東京大学発スタートアップのヒラソル・エナジー(東京都)が地方銀行との連携を深めている。独自のデジタル技術を活用し、中小規模太陽光発電所の性能評価から修繕提案、再生工事、買い取りまで一気通貫で手がける。参入が相次ぐ地銀系電力会社の黒子として、再生可能エネルギーの地産地消を支援する。
2017年に設立した同社は、「地域電力支援」「太陽光発電...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

人事異動 常陽銀行(2024年7月22日)
地域銀、新興の力で社会課題解決 VC通じ〝接点〟作り
HIRACが6月に開いたミーティングイベントには地域金融機関や新興企業から80人以上が集まり関係を深めた(HIRAC提供)
地銀6行、女性監査部員による初の情報交換会
現在の監査部でいかされているキャリアなどを紹介(7月12日、八十二銀行研修所)
山梨中央銀、新事業の策定学ぶ講座 地元企業など参加
ミーティングの様子(7月10日、山梨県甲府市)

関連キーワード

提携・連携 脱炭素 コンサル

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)