東栄信金、認知症サポーター講座開講 若手職員中心に受講

2023.11.21 20:56
人材育成
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
認知症について学ぶ職員(11月21日、東京都葛飾区の東栄信金本店)
認知症について学ぶ職員(11月21日、東京都葛飾区の東栄信金本店)
東栄信用金庫(東京都、北澤良且理事長)は11月21日、認知症サポーター養成講座研修会を開催した。店頭や訪問先での高齢者に対する接遇強化を狙う。本店の入庫1〜5年目の全職員と受講を希望する職員の計30人が参加した。
当日は社会福祉法人仁生社高齢者総合相談センターの担当者を講師に認知症の症状、支援や対応方法などを学んだ。
業務部の担当者は...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

シグマバンクグループ、4信金の新入職員が交流 44人が参加し合同研修
研修ではカードを使って自己紹介も実施した(5月16日、江東区内)
東栄信金と足立成和信金、25年10月めどに合併
会見後、握手をする東栄の北澤理事長と足立成和の土屋理事長(右、3月1日、足立区の足立成和信金本店)
東栄信金と足立成和信金が合併検討
東栄信金、創業塾卒業生の集い セミナーと懇親会で交流
創業が成功する要因などを話す弥冨氏(12月25日、葛飾区のたつみ集い交流館)

関連キーワード

人材育成

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)