滋賀銀、ニゴロブナ放流事業に100万円寄付

2023.11.21 14:38
寄付 脱炭素
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
目録を手渡す(左)滋賀銀・久保田頭取(11月20日、滋賀県庁)

滋賀銀行は11月20日、琵琶湖の生態系保全活動を行っている滋賀県水産振興協会「ニゴロブナ放流事業」に100万円を寄付した。脱炭素やSDGs、生物多様性保全などを支援する同行の寄付スキーム「未来よし+(プラス)」の一環。


ニゴロブナは琵琶湖の固有種で、「ふなずし」の原料でもある。同協会は琵琶湖の生態系と食文化の保全を目的として、定期的にニゴロブナを琵琶湖に放流している。同行は2007年から同事業に毎年寄付しており、今年17回目。これまでに 約45 万匹を放流した。

すべての記事は有料会員で!
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

滋賀銀、県内企業初のプラチナくるみんプラス認定
認定通知書を受け取った西藤崇浩・滋賀銀専務(左)と滋賀労働局・多和田治彦局長(6月14日、滋賀銀提供)
銀行・信金、新卒の選考方法見直し 母集団形成へES簡素化
地銀、進むTNFD対応 4行・グループが情報開示
滋賀銀、アルムナイネットワークを構築 情報交換や協業の機会創出

関連キーワード

寄付 脱炭素

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)