水戸信金、那珂湊支店を移転新築

2023.11.20 18:53
店舗
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
飯村理事長(右端)と総代らでテープカットした(11月20日、茨城県ひたちなか市)
飯村理事長(右端)と総代らでテープカットした(11月20日、茨城県ひたちなか市)

水戸信用金庫(茨城県、飯村次男理事長)は11月20日、那珂湊支店を移転新築。老朽化に伴うリニューアルで、県道6号線をはさんだ斜め向かいに移り、営業を開始した。


江幡暁支店長以下12人体制(増減なし)。業務効率化や来店客の減少傾向も念頭に新店舗はコンパクトな平屋建て。駐車場は県道に面する。旧店舗は2階建てで、道に沿う店舗建物の奥に駐車場があった。


店内には、ATM2台、ハイカウンター2、ロー1、相談ブース1、応接1室を配置。駐車場7台。建物の延べ床面積は約167平方メートルで、土地とともに自己保有。旧店舗は借地に建っており、更地にして所有者に返す。


同日の開店式で飯村理事長は、「1972年の旧那珂湊信金との合併以来の歴史ある店舗。地域のお客さまに寄り添い、さらにご来店頂けるよう努める」と語った。江幡支店長は「店舗のメンバー全員とお客さまの顔が見える関係を大切にしたい」と話していた。


オープンを記念し同店では12月29日まで、金利を上乗せした定期預金を扱う。


新住所=茨城県ひたちなか市湊中央2丁目8の10。

すべての記事は有料会員で!
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

主要金融機関の24年度採用実績 2年連続増、1万2539人 106機関が23年度上回る
4月1日に開催した福岡銀の入行式
水戸信金大洋支店、消費者ローン新規9500万円 スピード対応で既存先深耕
人事異動 水戸信用金庫(2024年4月1日)
茨城県内5金融機関 M&A・承継支援で一丸 案件情報集約し共同推進 後継難解消、雇用維持へ
協定書を手にする(左から)結城信金の能島理事、筑波銀の生田頭取、常陽銀の秋野頭取、水戸信金の酒井常務理事、茨城県信組の渡邉理事長(3月1日、茨城県水戸市)

関連キーワード

店舗

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)