新「はばたき信組」スタート、新潟県の3信組が合併 

2023.11.20 12:08
店舗 経営統合・合併
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
テープカットする赤塚副理事長(中央)、北村全信組連理事長(左)、青木財務事務所長(左4人目)ら(11月20日、はばたき信組本店)
テープカットする赤塚副理事長(中央)、北村全信組連理事長(左)、青木財務事務所長(左から4人目)ら(11月20日、はばたき信組本店)

新潟県のはばたき信用組合(宇野勝雄理事長)、三條信用組合(佐藤一正理事長)、新潟鉄道信用組合(小林義孝理事長)は11月20日、対等合併して「はばたき信用組合」として新たにスタートした。はばたき信組が存続信組で、理事長には宇野氏が就任した。同時に、新本店がグランドオープンした。


発足時点の役職員は161人。新潟鉄道信組本店は、はばたき本店に統合され、店舗は18カ店体制となった。2023年3月末の3信組合算の預金残高は1629億9900万円で新潟県内3位。貸出金残高は881億7100万円で県内2位に浮上した。


合併を機に、同信組の営業区域は新潟市南区、西蒲区が加わり、同市全域に拡大した。また、三条市や燕市、加茂市、田上町が営業区域となった。


当日は、北村信・全国信用協同組合連合会理事長、青木均・新潟財務事務所長らを招いてテープカットなどのセレモニーを行った。宇野理事長は体調がすぐれず、赤塚義廣副理事長が代行した。宇野氏は「3組合の営業基盤と経営資源とを統合して地域金融機関としての総合力を強化し、地域のお客さまへの利便性の向上に、より一層寄与していく」とのコメントを寄せた。

すべての記事は有料会員で!
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

金融庁、4信組に公的資金 全信組連通じ計140億円
おくやみ 宇野 勝雄氏が死去 はばたき信組理事長
新潟財務事務所、3信組に合併認可書交付 20日から「はばたき信組」
認可書を受け取った(左から)小林理事長、佐藤理事長、赤塚副理事長と青木所長(11月17日、新潟財務事務所)
役員人事 はばたき信組(6月23日)

関連キーワード

店舗 経営統合・合併

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)