鶴岡信金、支店などにセブン銀ATM設置 山形県金融機関で初

2023.11.20 12:01
店舗 ATM
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

鶴岡信用金庫(山形県、佐藤祐司理事長)は11月20日、鶴岡市内の文園支店と酒田市内の酒田営業部戸野町出張所にセブン銀行ATM各1台を設置し、稼働を始めた。共同ATMの設置は山形県内金融機関では初。信用金庫では全国で6番目。


現金補充や保守管理はセブン銀が担うことから、運営管理コスト削減のため導入した。11月20日に文園支店を約500メートル北の商業施設「サウスモール・ミーナ」内に移転。このタイミングで導入することにした。


また、10月20日付で戸野町支店が窓口営業を終了し、酒田営業部に統合。戸野町出張所としてATMコーナーに残していたATMを共同ATMに置き換えた。

すべての記事は有料会員で!
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

東北地区3信金、懸賞付き定期の合同抽選会 菅野・西川町長も参加
抽選会に参加する(左から)菅野町長、菅原長男・宮城第一信金理事長、佐藤祐司・鶴岡信金理事長、山口盛雄・山形信金理事長(6月6日、山形信金本部)
鶴岡信金、経営者目線で支援 大学院受講経験者が活躍
創業支援施策で連携する受講経験者の総合企画部・川俣賢太郎課長(左)と営業統括部・齋藤グループリーダー(本店)
金融機関、「カスハラ」対応急務 コロナ禍後に被害増加傾向
鶴岡信金、本店屋上を泳ぐこいのぼり 庄内平野に春を知らせる風物詩
本店棟の屋上でこいのぼりを見上げる(左から)総合企画部の川俣賢太郎課長、小松禎顧問と佐藤理事長(5月14日、鶴岡信金)

関連キーワード

店舗 ATM

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)