信金界、取引先がM&A意識に変化 支援業務の優先度高まる

2023.11.17 04:35
M&A 調査・統計 事業者支援
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
信用金庫業界で、取引先中小企業のM&A(合併・買収)に対する意識変化が鮮明になっている。信金中央金庫地域・中小企業研究所が2023年秋に公表した信金取引先向け調査では、M&Aを通じた人材確保や事業拡大が活発化するなかで、07年の前回調査と比較し肯定的な声が目立った。同時に、取引先数の減少抑制や自金庫の収益確保の観点から、企業支援業務として...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

信金中金、女性の事業性担当を育成 39信金が資金繰り支援学ぶ
信金中金職員が各班を回ってアドバイスした(2月19日、信金中金京橋別館)
近畿地区信金協など、「ゼロから始める脱炭素」で研修 15信金21人が受講
カードゲームを楽しみながらカーボンニュートラルを学ぶ受講者(2月15日、信金中金大阪支店)
信金、取引先のベトナム進出活発 10年間で現地拠点3倍
信金、地域社会の持続的発展へ奔走

関連キーワード

M&A 調査・統計 事業者支援

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)