大手損保、地域金融の気候対応支援 取引先診断や自行庫で活用

2023.11.12 04:40
脱炭素 気候変動対応 事業者支援
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
大手損害保険各社は、地域金融機関に対する脱炭素や気候変動対応サービスの提供に力を入れている。金融機関にとっては取引先企業の支援に使えるほか、自行庫で活用できるサービスもある。火災保険など自然災害による損害を補償する商品を扱い、脱炭素や気候問題に関する知見を他業種よりも蓄積している強みを生かす。
東京海上日動火災保険は、2024年1月から...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

東京海上日動、世銀系MIGAと協定締結 新興国への民間投融資促進で
損保ジャパンなど、洋上風力発電のリスク評価を進化 最新データ・知見基に
損害保険ジャパン 看板6
東京海上日動、5大疾病で教育費補償 国内損保初の特約発売
企業風土変革に全力 石川・損保ジャパン社長
石川耕治・損保ジャパン社長

関連キーワード

脱炭素 気候変動対応 事業者支援

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)