常陽銀のGXプロジェクト、6カ月で紙印刷670万枚削減 CO2抑制へ節電・脱通帳

2023.11.07 04:50
SDGs 脱炭素
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
机上の紙製品はカレンダーやメモ帳、ティッシュ程度しかないDX戦略室(9月25日、本店)
机上の紙製品はカレンダーやメモ帳、ティッシュ程度しかないDX戦略室(9月25日、本店)
2023年度の1年間、環境負荷低減に集中して取り組む常陽銀行の「GX(グリーントランスフォーメーション)プロジェクト」。中間点の6カ月間となった9月末まででは、プリンター印刷で使用した用紙は約830万枚(実枚数)で、紙資源の消費削減に本格的に取り組む前の21年4〜9月と比べ、670万枚減少(45%減)。電力使用量や紙の通帳の発行抑制も進め...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

常陽銀、初のZEB仕様店オープン エネ消費減、実質75%以上
開店式でテープカットする常陽銀の秋野頭取(左から3人目、2月26日、神立支店)
人事異動 常陽銀行(2024年1月29日)
【実像】手形・小切手の完全電子化 〝岩盤〟崩しへ 正念場迎える
金融界はチラシなどを通じて電子決済への移行を呼びかけている
常陽銀子会社、再エネ供給「PPA」拡大 太陽光パネルを民間に初設置
契約書を取り交わす、JGEの小松崎取締役(左)と日本物流開発の川底社長(日本物流開発土浦営業所)

関連キーワード

SDGs 脱炭素

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)