マーケット・トレンド(債券) 日銀が政策を微修正

2023.11.08 04:25
債券市場
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

10月31日の日銀金融政策決定会合では「長期金利の上限は1.0%を目途」とされ、これまで厳格に1%とされてきた10年債利回りの上限が事実上引き上げられた。


米国由来のドル高円安によって、我が国で輸入インフレへの期待が強まり、これが長期金利に強い上昇圧力を加えていたのだが、米国10年債利回りが一時5%まで上昇するなか、我が国の10年債利回りが1%を上回る公算が大きくなったため、日銀も苦渋の決断を行った格好だ。


植田日銀総裁も米国長期金利の大幅な上昇を見誤った旨の発言を行ったが、他方、賃金と物価がともに上昇する好循環に至るまでにまだ見極めが必要であることも示唆している。


長期金利の上昇を1%程度で抑えるような金融緩和政策を続けながら好循環を後押しするとの日銀のスタンスの大勢に変更はないと考えてよかろう。


米国では労働需給が緩み始め、家計の過剰貯蓄が費消され終えたとの思惑から物価の伸び鈍化を予想する声が増えてきた。


一時5%まで上昇した米国10年債利回りも4.5%付近まで下げてきているが、我が国の10年債利回りも1%超えを試すのではなく、緩やかに低下する可能性の方が高そうだ。


SMBC日興証券金融経済調査部 チーフ為替・外債ストラテジスト 野地 慎氏 

すべての記事は有料会員で!
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

ラップ市場、対面と非対面で拡大続く 大和・日興証券が首位争い
SMBC日興証券、パラオ財務大臣の視察受け入れ
視察に訪れたウドゥイ財務大臣(右、3月29日、同証券本店)
【特集】四国で広がる地域銀・証券連携 顧客の資産運用を一手に 
提携後3年間の総括と今後の施策について検討する阿波銀の行員と野村の出向者(3月5日、阿波銀本店、同行提供)
SMBC日興証券、ディープテックIPOに強み 9社中7社で主幹事 

関連キーワード

債券市場

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)