鹿児島市内の金融機関、「おはら祭」に参加 行職員が踊り披露

2023.11.06 08:59
社会・地域貢献
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
鹿児島銀は約190人が息を合わせた踊りを披露した(11月3日)

鹿児島市内に本店を置く5金融機関は、11月2、3日に開かれた南九州最大の祭り「おはら祭」に参加した。それぞれ揃いの法被をまとった行職員は、約1時間にわたり民謡「おはら節」などに合わせて踊りを披露した。


2日は、鹿児島興業信用組合の60人が4年ぶりに「夜まつり」に参加。3日の「本まつり」では、鹿児島銀行(約190人)、南日本銀行(約200人)、鹿児島信用金庫(約140人)、鹿児島相互信用金庫(約150人)の行職員らが祭りを盛り上げた。


3日は気温25度の快晴で、4年ぶり72回目となるおはら祭には1万人を超える人々が訪れた。

すべての記事は有料会員で!
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

人事異動 鹿児島銀行(2024年2月17日)
再生への道(上) 同業種でも業況二極化 個社別支援が重要に
急速に回復したインバウンド需要を取り込めない事業者も(写真は観光客で賑わう小樽運河、1月18日)
南日本銀、被災地に義援物資送る 取引先9社と連携
トラックに飲料水などを積み込んだ(2月22日、鹿児島急送あいら物流センター)
鹿児島相互信金、「環境認証」取得を支援 取引先向けに勉強会
勉強会に参加する取引先企業(2月14日、本部)

関連キーワード

社会・地域貢献

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)