生保各社、法人保険に再び脚光、コロナ禍でニーズ高まる

2021.02.12 05:00
保険 新型コロナ関連
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
 生命保険各社が取り扱う法人保険への関心が再び高まっている。コロナ禍で、保障内容を手厚くしたい中小企業が増えているため。節税効果をうたった法人保険は国税庁の指摘を受け、2019年2月14日に各社が一斉に販売休止を余儀なくされた。再評価されているのは「“バレンタイン・ショック”払拭(ふっしょく)に向け、保険本来の保障重視へ商品性や販売手法を...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

役員人事 ネオファースト生命保険(2024年6月21日)
役員人事 大同生命(4月1日)
ネオファースト生命、ネット・通販専用の定期保険取り扱う
ネオファースト生命、がん保険取り扱い 自費診療に対応

関連キーワード

保険 新型コロナ関連

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)