鹿児島県内4行庫、「Payどん」共用開始 地域の脱現金化を推進

2023.10.13 09:19
提携・連携 キャッシュレス アプリ
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
「オール鹿児島」を強調した4行庫のトップ。左から鹿児島相互信金の永倉悦雄理事長、南日本銀の田中暁爾頭取、鹿児島信金の市川理事長、鹿児島銀の松山頭取(10月12日、鹿児島銀本店別館ビル)
鹿児島県内3行庫(南日本銀行、鹿児島相互信用金庫、鹿児島信用金庫)は、鹿児島銀行のキャッシュレス決済アプリ「Payどん(ペイどん)」の共同利用を開始する。南日本銀と鹿児島相互信金は10月16日から、鹿児島信金は2024年4月ごろに参画する。
10月12日にそれぞれのトップが集まり共同で会見を開いた。ペイどんを活用した地域のキャッシュレス...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

再生への道(上) 同業種でも業況二極化 個社別支援が重要に
急速に回復したインバウンド需要を取り込めない事業者も(写真は観光客で賑わう小樽運河、1月18日)
南日本銀、被災地に義援物資送る 取引先9社と連携
トラックに飲料水などを積み込んだ(2月22日、鹿児島急送あいら物流センター)
鹿児島相互信金、「環境認証」取得を支援 取引先向けに勉強会
勉強会に参加する取引先企業(2月14日、本部)
鹿児島信金の男性職員 窃盗容疑で逮捕 35万円を不正出金

関連キーワード

提携・連携 キャッシュレス アプリ

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)