SBI新生銀、貯蓄から投資へ基盤構築 銀・証間の資金移動促す

2023.09.29 04:50
預金 手数料 資産形成
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
SBI新生銀行は、同行の普通預金口座とSBI証券の証券総合口座間の手数料無料自動入出金サービス「SBI新生コネクト」の利用を促進し、貯蓄から投資への流れを担う中核プラットフォームを構築する。その促進策として10月2日から開始するのが、取引内容に応じてポイントを付与する同行のポイントプログラムに代わって現金を還元する「キャッシュプレゼントプ...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

SBI新生銀、ZEH住宅ローン開始 年0.02%金利を優遇
SBI新生銀、24年3月期純利益36%増の579億円 グループシナジー135億円に
SBI新生銀行、共同店舗を16カ店に拡大へ
アプラス、BANKITでスワローズ公式アプリに新機能 きらぼしテックと法人開拓で

関連キーワード

預金 手数料 資産形成

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)