商工中金・関根社長に聞く 組織を立て直すマネジメントの極意

2023.09.22 04:45
インタビュー 事件・不祥事 経営計画・戦略 KeymanHistory
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
関根正裕・商工組合中央金庫社長
関根正裕・商工組合中央金庫社長
企業不祥事が起こる背景には、共通点がある。いつの時代にも不祥事はあり、そのたびに事件史が書き加えられてきた。発生の原因に共通点があるのなら、組織の立て直しにも前例に学ぶべき共通項があるはずだ。3つの巨大組織で、不正発覚後の改革に携わってきた関根正裕・商工組合中央金庫社長(66)に、組織を再生させるマネジメントの極意を聞いた。(国定直雅)
...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

商工中金、有償人財サービスを本格化 マイパーパス策定へ研修 将来的な収益源にも
商工中金、生成AIの活用策を検証 事業性評価やマッチングに有効性
商工中金 、法人ポータルの導入拡大 中期で〝万件〟単位
商工中金、24年3月期の純利益32%減 与信費用の増加響く

関連キーワード

インタビュー 事件・不祥事 経営計画・戦略 KeymanHistory

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)