第四北越銀、情報処理支援機関に認定 新潟県内金融機関で初

2023.09.13 18:56
DX
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

第四北越銀行と第四北越ITソリューションは9月13日、経済産業省の情報処理支援機関(スマートSMEサポーター)に認定(認定日は9月1日)されたと発表した。同認定の取得は、新潟県の金融機関で初めて、地方銀行では9行目という。


同行は「事業先のインボイス導入など、認定取得を機に取引先のデジタル化・IT化を進めていきたい」としている。


スマートSMEサポーターは、中小企業の生産性向上などを目指し、ITの利活用のアドバイスや情報提供を行う事業者。2018年7月の中小企業等経営強化法の一部改正で創設された。


 

すべての記事は有料会員で!
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

第四北越銀、私募債手数料の一部を寄付 県福祉事業などを後押し
群馬県産米(5キロ)を受け取った中村部長(右)と長谷川部長ら(左から2人目、6月14日、新潟県庁)
群馬銀、私募債手数料一部を県に寄付 新潟産品を群馬県へ
山本一太群馬県知事に新潟産品を贈った深井頭取(6月13日、群馬県庁、群馬銀提供)
千葉銀と第四北越銀、災害・障害時の日銀ネット相互利用で合意 TSUBASA連携
第四北越銀、関東信越国税局から感謝状 国税ダイレクト納付の普及促進で
感謝状贈呈式に臨む(左から)木村局長、殖栗頭取、田中豊・新潟税務署長(5月28日、第四北越銀本店)

関連キーワード

DX

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)