秋田県信組、ハチ公生誕100年に活用 100万円寄付

2023.08.01 18:57
寄付
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
福原市長(右)に目録を手渡す北林貞男会長(左)と藤原理事長(8月1日、大館市役所)
福原市長(右)に目録を手渡す北林貞男会長(左)と藤原理事長(8月1日、大館市役所)

秋田県信用組合(秋田県、藤原保理事長)は8月1日、大館市に100万円を寄付した。2019年度から取り扱う「秋田犬応援カードローン」の収益金の一部を支援金として贈るもので、同市や東京都渋谷区などが運営する周年事業「ハチ公生誕100年」に活用される。


忠犬ハチ公の犬種である秋田犬は、かつて〝大館犬〟と呼ばれ、大館市周辺が原産地という。同事業を通じて渋谷区などと交流し、天然記念物かつ観光資源の啓発・振興を図る。


贈呈式で福原淳嗣市長は「一過性のイベントではなく、事業者のマッチングなどにより、地域の活性化につなげていきたい」と話した。藤原理事長は「秋田犬応援カードローンは好評で、残高に応じた支援を続けて地域の財産を守り伝えていきたい」と語った。


同信組は8月に大館エリアの顧客を連れて東京旅行を実施。ハチ公100周年記念の街歩き体験など交流事業を応援する。

すべての記事は有料会員で!
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

秋田県内5機関 高齢者のATM利用を一部制限へ
特殊詐欺被害拡大防止策を説明する秋田銀の芦田晃輔取締役専務執行役員(中央、11月27日、秋田県庁、秋田銀提供)
秋田県内金融機関、CO2排出実質ゼロに挑む 再エネ・省エネ店舗広がる
太陽光パネルの普及促進を図るため、発電量と消費量が来店客に見えるようにしている(5月31日、秋田県信組土崎支店)
秋田県信組 創業支援のビールお披露目
醸造した自慢のビールをお披露目するホップドッグブルーイングの長谷川信さん(8月3日、秋田市)
役員人事 秋田県信組(6月20日)

関連キーワード

寄付

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)