全銀協5委員長に聞く② 山下・業務委員長 犯罪対策「安心・安全」へ隙見せず

2023.07.22 04:50
法令・制度 防犯 マネロン対策
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
「銀行にとって安心・安全は一丁目一番地」と話し、特殊詐欺など犯罪対策を検討する考えを示す山下剛史・業務委員長(6月23日、三井住友銀本店)
「銀行にとって安心・安全は一丁目一番地」と話し、特殊詐欺など犯罪対策を検討する考えを示す山下剛史・業務委員長(6月23日、三井住友銀本店)
――政府が特殊詐欺の緊急対策プランをまとめた。
「対応すべきなのは預貯金口座の不正利用防止対策と在留外国人による帰国時の不正譲渡防止策だ。銀行にとって『安心・安全』は一丁目一番地。犯罪とはいたちごっこの側面はあるが、隙を見せない取り組みが重要。お客さまの利便性を追求する観点や時間軸を含め業界を挙げて方向性を整理したい。お客さまや実務への...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

全銀協会長、郵政民営化見直し「最大の関心」 公正な競争条件求める
金融3団体と金融庁、教育推進機構設立へ発起人会 官民で普及
マネロン共同機構、業務開始へ準備進める AI検知も全先利用見込み
全銀協、事業再生指針を改定 平時の連携促す 4月適用

関連キーワード

法令・制度 防犯 マネロン対策

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)