大分県信組、宇佐国東半島の魅力発信 J:COMで月1回放送

2023.06.27 04:50
広報・宣伝 社会・地域貢献
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
別府市内の地産地消のカフェ「MUGYUU」で収録するメンバー(6月15日、提供)
別府市内の地産地消のカフェ「MUGYUU」で収録するメンバー(6月15日、提供)
大分県信用組合(大分県、吉野一彦理事長)は、6月30日から月に一度、宇佐国東半島の魅力を大分ケーブルテレコム(J:COM)などで情報発信する。2022年度に続き2年連続で同信組の職員らがリポートし、地域活性化につなげる。
同信組が19年1月、交流人口の増加を目的に自治体や団体、企業などと立ち上げた宇佐国東半島観光・地域振興広域連携プロジ...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

役員人事 大分県信用組合(2024年6月27日)
役員人事 大分県信用組合(2024年6月7日)
人事異動 大分県信用組合(2024年4月1日)
大分県信組、ごみ集積ボックス商品化へ 社長のアイデアを実現
商品化に向けて打ち合わせをする(左から)甲斐社長と藤塚支店長、末副センター長(11月28日、大分市内)

関連キーワード

広報・宣伝 社会・地域貢献

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)