MS&ADグループ、コールセンター集約 大阪地区を1ヵ所に

2023.06.23 19:34
保険 CS
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

MS&ADインシュアランス  グループの三井住友海上火災保険とあいおいニッセイ同和損害保険は6月23日、両社の大阪コールセンターを1ヵ所に集約し、新たなセンターを立ち上げたと発表した。


新センターは同月19日、大阪市中央区の三井住友海上淀屋橋ビル内に開設。当初は186人体制で顧客の電話照会を受け付ける。10月からは2社共同のチャット相談サービスを開始し、電話以外の顧客接点を拡充する。


MS&ADグループは現中期経営計画で、傘下生損保の事務一体化を目指す「1プラットフォーム戦略」を進めている。今回のセンターはその一環で、事業費削減と応対品質の向上を見込む。なお今回の統合により、個社のコールセンターは全国4ヵ所(三井住友海上=札幌、横浜、あいおいニッセイ同和=東京、沖縄)となる。

すべての記事は有料会員で!
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

大手損保3Gが最高益、純利益初の1兆円超え 海外事業が寄与
大手損保、自動車保険 引き上げ圧力 事故増加や物価高で
大手生損保、24年度にTNFD開示へ 投融資との対話も視野
役員人事 MS&ADインシュアランスグループホールディングス(2024年3月31日、4月1日)

関連キーワード

保険 CS

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)