東証、海外企業の上場誘致推進、アジア新興企業を狙う、金融機関と連携

2021.06.25 05:00
金融・資本市場
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
 東京証券取引所は金融機関と連携し、外国籍企業に加え日本で事業展開する外資系企業など「クロスボーダー企業」の上場誘致を促進する。台湾創業のAppierは、日本子会社を最終親会社にする組織再編を行い3月にマザーズ市場に上場。6月29日にはシンガポールのオムニ・プラス・システム・リミテッド(OPS)が外国株式を信託財産として発行する日本型預託...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

第四北越銀、IPO目指す県内企業支援 人材育成プログラム開始
東証プロ市場、上場企業が100社突破 グロース改革で岐路迎える
JPX総研、生成AIで銘柄分析 「埋もれた企業」発掘も
東証、日英同時開示を義務化 短信の未対応は6割

関連キーワード

金融・資本市場

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)