商工中金、改正法成立 完全民営化へ一歩前進 年内に投資子会社設立

2023.06.15 04:45
法令・制度 インタビュー
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
関根正裕社長
商工中金・関根正裕社長
商工組合中央金庫が“完全民営化”に向け、また一歩前進した。今国会に提出された改正商工中金法が6月14日、参議院本会議で可決、成立した。公布から2年以内に政府保有株式は全て売却されることが決まった。売却後に業務範囲が広がる同金庫は、出資業務の強化や中小企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)支援に乗り出す。先行して、年内に投資専門子会...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

商工中金と地域金融機関、100億円規模でファンド 高難度な再生案件に投資
環境省、ESG金融で表彰 金賞に三菱UFJ銀と静岡銀
香川県内金融機関など、中小企業支援で9者連携 制度融資拡充も視野
関係機関のトップが出席し、協定書を取り交わした(2月8日、香川県庁)
商工中金、DXプロジェクトが始動、法人向けポータルをCRM・SFAと連携
商工中金 看板

関連キーワード

法令・制度 インタビュー

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)