奄美信組、500先を現金レス化 琉球銀と提携し支援

2023.06.09 12:03
キャッシュレス 事業者支援
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
奄美信用組合(鹿児島県、手島博久理事長)が、琉球銀行と提携して取引先に提供する「カード加盟店サービス」の契約が、目標の500先に届きそうだ。飲食店や土産物店などの会計をキャッシュレス化するもので有力な取引先支援メニューとなっている。
サービスは2019年10月に開始。23年5月末時点で、497先が計537台のキャッシュレス端末を利用して...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

地域銀、採用に「デジタル広報」 ツールの使い分け進む
新事業へ50人外部研修 島袋・琉球銀頭取
島袋健・琉球銀頭取
琉球銀、デジタル推進で発表会 スマホQRで自動改札通過
スマホに表示したQRコードで自動改札機を通れるようになった(6月12日、ゆいレールてだこ浦西駅、琉球銀提供)
琉球銀とおきなわFG、2年連続でベア実施 初任給を3%程度引上げ

関連キーワード

キャッシュレス 事業者支援

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)