損保各社、自転車保険の関心高まる、加入手段が多様化、自治体の条例も追い風

2021.07.09 05:00
保険
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
 自転車保険への関心が高まっている。保険加入を義務付ける自治体の増加や、コロナ禍で密を避けるために通勤手段を自転車に切り替えた人が多いことなどが背景にある。需要拡大を受け、損害保険各社は商品の充実や販売チャネルを多様化。スマートフォンやコンビニエンスストアで気軽に加入できるようにしており、販売実績も右肩上がりだ。 共栄火災海上保険が5月の...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

損保ジャパンなど、ETC2・0の査定活用検証 データ起点の過失割安算定へ
おくやみ 坂井 弘明氏が死去 元安田火災海上保険<現損害保険ジャパン>常務取締役
三井住友海上、凍結卵子専用保険を開発 利用者に無償で提供
あいおいニッセイ同和損保、データビジネスを展開 自治体と実証実験

関連キーワード

保険

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)