りそなG、SDGsの現在地を把握、温室効果ガスを測定

2021.07.09 05:00
地域参加・CSR 事業者支援
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク
 りそなグループ(G)は、7月から企業のカーボンニュートラル対応の第一歩を支援するため、温室効果ガスの簡易測定を実施する。SDGs(持続可能な開発目標)対応に向けて現在地を把握し、脱炭素への取り組みを検討する土台として活用する。
 りそな総合研究所が簡易コンサルティングサービスを無料で提供する「SDGsコンサルファンド」の一環。取引先の...

この記事をご覧いただくには会員登録が必要です。
無料会員に登録いただけますと1ヵ⽉間無料で有料会員向け記事がご覧いただけます。
ぜひ、お試しください。

有料会員の申し込み 無料会員でのご登録
メール 印刷 Facebook X LINE はてなブックマーク

関連記事

大手行・G、独自研修で思考力養う 「金融の枠」超える人材に
〝プレミア〟収益30億円増へ 武市・みなと銀社長
武市寿一・みなと銀社長
りそなHD、資金利益・フィー収益の双発ビジネス強化 信託AUM15.8兆円へ
りそなHDの南社長
大手行G、「金利ある世界」収益押し上げ MUFGは3年で3550億円

関連キーワード

地域参加・CSR 事業者支援

おすすめ

アクセスランキング(過去1週間)